社会動向

東京都 ベビーシッター代 月28万円上限に補助へ !!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは。

 

ベビーシッターを考える会の参納(さんのう)です。

 

東京都では、待機児童となった家庭のベビーシッター代を月28万円を上限に補助することが決まりました!

 

これは、かなり画期的な政策です!

 

詳しい記事は、

こちら

 

既に東京都の豊島区、千代田区などいくつかの区では、待機児童問題解消のため、認可の居宅訪問型保育事業というのが実施されています。

この居宅訪問型保育事業とは、いわゆるベビーシッターのように保育者が家まで来てくれる、というもの。

 

保育料は、認可の保育園と同じです。

 

実際は、いろいろ課題もあったり、保育者の確保にも苦戦している、というような話を耳にします。

ですので、なかなか行政も実施しにくいのかもしれません。

 

ということは、行政を通さなくてもシッターを利用できるこの補助は、かなり画期的です。

利用料については、利用するベビーシッター会社によって、かなり差が出てくるとは思いますが。

ですが、1つ落とし穴が・・・

補助を出す対象のベビーシッター会社に条件がつけられているということ。

実際は、まだはっきりわからないのですが・・・

 サービスの質を確保するため、都は、全国保育サービス協会の審査や研修を経たベビーシッターを補助対象とする仕組みなどを検討している。

 

     2017年12月29日 朝日新聞の記事より

 

ということのようです。

 

フリーランスでベビーシッターをしている人も多いため、そういう人も何かしらの手続きを踏んで、対象となればいいのだけれど、と思っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。