開催レポート

【ご報告】勉強会「日々の保育を自己評価しよう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちはニコニコ

 

ベビーシッターを考える会の参納(さんのう)です。

 

昨日7月13日は、勉強会でした!

 

今回のテーマは、

「日々の保育を自己評価してみよう」

でした。

はじめて参加してくださる方もいて、とてもいい勉強になりました~ハート

 

自己評価が必要な理由

ベビーシッターは、基本的に訪問型であり、マンツーマンで行うものです。

 

その特性から、誰かにアドバイスをもらったり、自分の保育を評価してもらう機会がありません。

ですが、それに甘んじていては、保育の質は、向上しません。

 

ということで、ベビーシッターならではの自己評価を考えてみたいと思ったのです。

 

ちなみに、ベビーシッター、訪問保育向け自己評価の指標は見つけられませんでしたので、

『幼稚園教諭・保育所保育士・認定こども園保育教諭 保育者のための自己評価チェックリスト

―保育者の専門性の向上と園内研修の充実のために』

民秋 元 著

 

を参考文献として利用させていただきました。

PDCA

これって??

保育の世界にいると馴染みがない人もいるかもしれませんが、保育においても、PDCAが重要です。
(今回は、c チェックにスポットライトを当てました)

 

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)


このPDCAを繰り返すことで、より子どもたちの育ちに貢献できる保育ができるのです。

勉強会を通して

今回の勉強会では、参考文献から選んだ25項目についてチェックしたのち、これはどうなのかな?という項目を出し合って、ディスカッションをしました。

 

いくつか上がったのですが、どの項目でもでてきたことが

 

保護者との連携の重要さ

 

でした。

たとえば、この項目

 

「子どもが興味や関心を示し、主体的に関わる環境を用意していますか?」

 

これは、保育所など施設であれば用意する、という表現になりますが、訪問保育であるベビーシッターの場合、多くは、用意してもらうことになります。

 

*ちなみに、シッターの中でも、おもちゃ、工作グッズ、絵本などを持参する人、しない人とわかれました。

 

この用意してもらう、に焦点を当てた場合、保護者に子どもの興味関心、必要なもの、環境について、どう伝えていくか、という課題が出てきます。

その場合、みなさんがどんなことをしているのでしょうか?

 

こんな意見が出てきました。

 

・いいところ、興味、関心があったことを伝える

・マイナスな表現をされたら、ポジティブな表現に言い換える

・ご家庭の現状を認識したうえで、伝え方を工夫する

・根気よく同じ内容でも、少しづつ違う子どもの姿を伝える

 

などでした。

まとめ

ベビーシッターは、保護者の意向を大切にしつつ、子どもの成長も考えていきます。

 

やはり、保護者との関係は重要です。

 

さまざまなテーマで勉強会をしてきましたが、いつも、このことに行きつきます。

 

ベビーシッターの質を考えていくうえでも、保護者の方たちと話し合える場を設けたいな、と思っています。

↑参加者のみなさんと

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。