イベント

運営状況報告書記入会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは
日本ホームチャイルドケア協会の森崎です。
 
10月10日、オンライン交流会の中で
運営状況報告書記入会を開催しました。
 
ご参加いただいた皆さん、
ありがとうございました。
 
そしてお疲れ様でした ^^
 
Instagramからのお申し込みもあり、
繋がりが広がって嬉しかったです♪
 
 
地域によって異なる書式
 
当日はお互いの地域で、
・どのようにお知らせがくるのか
・どのような書式になっているのか
・わかりにくいところはどこか
・書きにくいところはどこか
 
等々、話し合い、自治体に事前に問い合わせて
得ていた回答をシェアしながら書き進めました。
 
(オンライン交流会なのに全員無言の時間があって、ちょっと面白かったですw)
 
 
現場の声を届ける
 
記入会の最後に、皆さんから
書きづらいと思うところや、訪問保育に適した項目についてご意見を出していただきました。
 
今回、この要望をまとめて提出しようと思っています。
 
例えば、
 
・保育している児童の人数と在籍児童数の記入欄
・認可の居宅と認可外の居宅が混同されている
・時間別の記入欄を、自分で自由な形式で書きたい
・時間別の記入のところを、自分で書けたら良い。
現場の人が入って書類を作ったらもう少し書きやすくなるのではないか
 
等々。
 
なかなか訪問保育の分野が
まだまだ整備されていないことや、
認知が深まっていないこともあって、
実情とのギャップが記入しづらくさせてるところもあるのかもしれません。
 
ただ、東京の場合は現場のベビーシッターの声を受けて、年々改善はしてくださっているのも事実。
 
アクションを起こすことで変わることもあるので、
この運営状況報告書がもう少しただの提出物ではなく、
意味のあるものになるように、なってくれれば良いなと思います。
 
 
ご参加いただいた皆さん、
ありがとうございました!
 
また来年も企画しますね♪
 
 
毎月、交流会と勉強会を行っています
 
案内が届くLINEの公式アカウント
登録はこちらから☆

友だち追加

会員登録申し込みフォーム

保育をアップデートしていきませんか?

ホームチャイルドケアとは、ベビーシッター、ファミサポ、ナニーなどが居宅で行う子ども支援事業の総称として、各支援者の垣根を無くす目的として弊会が作った造語です。
訪問保育をインフラ化するべくコミュニティ運営、研修開発などを行っており、
毎月2回のオンライン交流会や勉強会を開催しております。

個人として、チームとして、ベビーシッターをより安心・安全に気軽に利用できる社会を作っていくメンバーを募集しています。


お申し込みはこちら

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。