ブログ

新しい生活様式とシッターの役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは
日本ホームチャイルドケア協会の森崎です。
 
 
毎日暑い!暑すぎる(>_<)
 
最近ではベビーシッター先で、
夕方からお散歩に出て遊んだりしています。
 
 
昔だと、夕方になったら帰らなければいけない、
というのが多くのかたの共通認識だったと思います。
 
 
しかし今は気温が高すぎて危険レベル。
 
 
保護者の方と相談して、そこで許可をもらえれば
気温が少し下がった夕方に出かけて危険のない範囲で遊んでいます。
 
 
これも新しい生活様式かなと思っていて、
 
優先したいのは
 
昔の常識より今目の前にいる保護者の方と子どもの幸せ
 
 
そんなことを考えながら、現在の保護者の皆さんが置かれている状況って、すごくきついな、と思うのです。
 
 
“名もなき家事”
“名もなき育児”
 
という山積みになっているタスクに加えて、
 
コロナ禍での対応、熱中症対策。
 
出かけられるところも減ってしまって
家にこもって鬱々となりやすい環境が揃ってしまっている。
 
 
ベビーシッターにできることって?
 
おしつぶされそうなくらい山積みのタスクに気づき、
寄り添うこと
 
程よい距離感でサポートをすること
 
新しい角度から、ニーズに合った提案をすること
 
 
やれることは色々あると思うのです。
 
上記のこと以外にも、人知れず頑張り続けているママたちを肯定することや、その頑張りを第三者の目と口で、パパさんや子どもたちにもさりげなく伝える、といったことも、個人的には心掛けていることの一つです。
 
皆さんはいかがでしょうか?
 
そんな話やアイディアの交換も、この協会の交流会等で出来たら良いなと思っています!
 
 

毎月、交流会と勉強会を行っています

LINEの公式アカウントを お友達追加 していただくと
リアルタイムで情報が届きます。
登録はこちらから☆

友だち追加

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。