イベント

フリーランス連携プロジェクトvol.1 開催レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは
日本ホームチャイルドケア協会の森崎です。
 
8月6日に、フリーランス連携プロジェクトvol.1として
 
「ベビーシッターが使える補助券て何があるの?~情報交換&共有会~」を開催しました。
 
 
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました ^^
 
 
このテーマはきっと、フリーランスでベビーシッターをやろうと思った方なら、一度は調べてみたことがあるのではないでしょうか?
 
私も一昨年から個人事業主として
保育事業を始めたときに、
色々調べたり問い合わせたりしました。
 
しかし自治体によって料金や制度が全く異なっていたり、
管轄がいろいろ分かれていて複雑だったり、
個人で使えるものを見つけられず。
 
 
それで結局、あきらめて助成金に頼らなくて済む
自分なりの価値や料金システムの構築を目指すことにしたのです。
 
 
Twitterでも困っているシッターさんの
つぶやきをたびたび拝見していて、
 
今回改めて調べてみることにし、この開催を決めました。
 
 
今回は23区と、マッチングアプリで使えるものに絞ってリサーチ。
 
 
するとなんと!
 
 
意外と完全にフリーランスの人でも使える
助成金や制度があったのです!
 
 
特に素晴らしかったのが渋谷区。
 
 
シッター側は特に登録手続きをしなくても、
保護者の方が申請してくれれば助成金が使えるというもので、
 
かつ4月から土日に就業している保護者の方が
使えるものが新しく出来ていたのです。
 
 
知らなかった!
 
 
もしかしたら、今後も他の自治体でも
こういったものが増えていくのかもしれませんね。
 
 
いずれにせよ、自分から情報を収集していく必要性を感じました。
 
 
今回のフリーランス連携プロジェクトでは、
 
その情報をもとに、どうしたら自分たちが使えるのか、
どのように保護者のかたに発信していくか、
自分の事業をどのように組み立てていくか、
 
また、
 
他のシッターさんと連携するためには、
お互いがお互いの自治体に事業者として
あらかじめ登録しておく良いですね、
 
という話もでました。
 
 
1人だとものすごく時間がかかったり、困難なことでも、こうして仲間と情報をシェアしたり協力することで、一歩も二歩も先に進めるのだなと、実感し、嬉しく思いました。
 
 
vol.2は何のテーマにしようかな^^♪
 
 

毎月、交流会と勉強会を行っています

LINEの公式アカウントを お友達追加 していただくと
リアルタイムで情報が届きます。
登録はこちらから☆

友だち追加

会員登録申し込みフォーム

保育をアップデートしていきませんか?

ホームチャイルドケアとは、ベビーシッター、ファミサポ、ナニーなどが居宅で行う子ども支援事業の総称として、各支援者の垣根を無くす目的として弊会が作った造語です。
訪問保育をインフラ化するべくコミュニティ運営、研修開発などを行っており、
毎月2回のオンライン交流会や勉強会を開催しております。

個人として、チームとして、ベビーシッターをより安心・安全に気軽に利用できる社会を作っていくメンバーを募集しています。


お申し込みはこちら

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。