ブログ

勉強会開催レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは

日本ホームチャイルドケア協会の森崎です。

6月28日に、会員限定オンライン勉強会を開催しました!

 

周産期メンタルヘルスの訪問看護から学ぶ
会員限定オンライン勉強会
 
 
 
普段なかなか聞けない貴重なお話に興味津々!
 
 
訪問看護というと保育業界とはまったく異なる専門性という印象でしたが、
お話を聞いていくと、共通点がたくさんあることに気が付き、会員さんからもたくさんの質問をいただき、講師の山岸先生がひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。
 
 
「蓄え」「発揮する」を支える
 
すごく共感したポイント。
 
“産前産後のケアとして、より良く迎えて育てるための力を「蓄え」「発揮する」力を支える”
 
ママ自身が心も元気に、主体的に生きられるように支えることこそが、本質的な支援であり、それが長期的に元気な心と体を持続するための大切なポイントだと思いました。
 
 
 
他には
 
・24時間対応のことや、
・保護者の方との連絡ツール
・訪問看護指示書
・料金体系
・対話スキルのトレーニング
・おすすめの本
 
等々
 
 
 
大変興味深く、参考になるお話を聞くことが出来ました。
 
会員さんからも第二弾のリクエストが!
 
 
 
山岸先生からも、保育士さんたちとうまく連携していきたいとのお言葉が。
 
ママのメンタルヘルスケアは保育士やベビーシッターにとっても
日常的に行っている大切な支援。
 
ここでの学びをきっかけに、さらに学んで活かそうと思います!
 

毎月、交流会と勉強会を行っています

LINEの公式アカウントを お友達追加 していただくと
リアルタイムで情報が届きます。
皆さんのご参加と登録をお待ちしてます!

友だち追加

会員登録申し込みフォーム

保育をアップデートしていきませんか?

ホームチャイルドケアとは、ベビーシッター、ファミサポ、ナニーなどが居宅で行う子ども支援事業の総称として、各支援者の垣根を無くす目的として弊会が作った造語です。
訪問保育をインフラ化するべくコミュニティ運営、研修開発などを行っており、
毎月2回のオンライン交流会や勉強会を開催しております。

個人として、チームとして、ベビーシッターをより安心・安全に気軽に利用できる社会を作っていくメンバーを募集しています。


お申し込みはこちら

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。