ブログ

歌って楽しい30秒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは

日本ホームチャイルドケア協会の森崎です。

今日はアフターコロナについて考えてみます。

影響は広範囲に

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、
少しずつ、本当に少しずつ日常が戻ってきてはいますが、
 
正直な話、イベントのお仕事や泊りのお仕事に関して、
決まっていたものは来年の春まで全てなくなりました。
 
 
命あってこそ、とは思いつつも
 
仕方のないことだとわかってはいても、
 
そこにたくさんの人の想いや時間、労力を考えるとやりきれない気持ちです。
 
 
皆さんと同じく、初めて直面する困難に悩んだり苦しんだり
試行錯誤の日々でした。
 
 
そして第二波が来ることを考えると油断はできないと考えています。
 
 
今出来ることは
 
ご依頼をくださる保護者の方からもたくさんの悩みや不安の声が聞かれました。
 
不安になってもならなくても結果が同じなら、
少しでも不安を解消して気持ちだけでも健康であってほしいと考え、
二つのことを意識してサポートをさせていただきました。
 
 
一つ目は、徹底したセルフケア
 
 
保護者の方の立場に立った時に、きっと手洗いのことやマスクのことを同じ大人にわざわざやってくださいとは言いづらいだろうと思い、だからこそシッター側の私からきっちりお話して実行させていただくようにしました。
(当たり前ですが、こういうほんのちょっとのコミュニケーションがけっこう大事!)
 
 
個人的に行っている予防法をいくつか。
・手洗い
・うがい
・鼻洗浄
・帰宅したら必ず服をまる着替え、洗濯
・帰宅後すぐにシャワー
・アルコール除菌
・マヌカハニー
・体を温めてよく寝て免疫力アップ!
・マスクを行きと保育中で代える
 
上記の他にはマスクはもちろんですが、
抗菌作用や呼吸器系のケアに良いユーカリのアロマを愛用しています。
 
 
もともとアレルギー性鼻炎もあるので、
この辺のケアはとても大事。。。
 
 
個人宅に子育てサポートでお伺いする際にも
洗面所をお借りしてうがい手洗いを真っ先にさせていただいています。
 
 
そして
 
 
二つ目はタイトルにも入れましたが
 
 
遊び心で不安と悩みを解消!
 
 
手洗いは30秒ぐらいが目安と言われていますが、実は以前からインフル対策としてもやっていたことがあったのです。
 
 
それは強制ではなく歌いながら楽しく行える手洗い♬
 
 
先日も、時計とか時間に興味を持ち出した3歳の女の子に
 
 
私「どんぐりの歌はね、20秒なんだよ」
 
子「えっ?20秒なの?(真剣な表情)」
 
私「そうだよ。いくよ。せーの!」
 
 
♪♪どんぐりころころ  どんぐりこ~♪♪
 
 
約20秒石鹸でごしごし洗い、その後おしゃべりしながらゆすいだりしているとあっという間に40秒ぐらいはしっかり手洗いに時間をかけられるのです。
 
 
大切なことなんだけど
子どもからするとちょっとめんどくさくて
やらされてる感を抱きやすい手洗い。
 
 
それが楽しい時間に。
 
 
早く遊びたい気持ちやおやつを食べたい気持ちが先にあると、大人も子どもも意外と10秒くらいしか手洗いをしてなかったりするんですよね。
 
 
歌が好きな子なら、他の歌でも良いと思います。
 
 
歌によって長さも違うので、もっとしっかり手洗いするなら40秒とかそのぐらいの好きな歌を一緒に考えたり探したりするのも楽しそう。
 
 
強制的に手洗いするより、楽しくできたら最高ですよね。
 
 
ちなみに
 
 
ピアノを弾けるママさんだったので、
「アンダンテでご一緒にどうぞ」とお願いしたら
めちゃめちゃ笑って一緒にやってくれました(笑)
 
 
暗いニュースが多いですが、
ほんの少しのアイディアとユーモアでのりきりたいと思います!
 
 
歌って笑って、免疫力もついでに上げていきましょう!
 
 

毎月、交流会と勉強会を行っています

LINEの公式アカウントを お友達追加 していただくと
リアルタイムで情報が届きます。
皆さんのご参加と登録をお待ちしてます!

友だち追加

会員登録申し込みフォーム

保育をアップデートしていきませんか?

ホームチャイルドケアとは、ベビーシッター、ファミサポ、ナニーなどが居宅で行う子ども支援事業の総称として、各支援者の垣根を無くす目的として弊会が作った造語です。
訪問保育をインフラ化するべくコミュニティ運営、研修開発などを行っており、
毎月2回のオンライン交流会や勉強会を開催しております。

個人として、チームとして、ベビーシッターをより安心・安全に気軽に利用できる社会を作っていくメンバーを募集しています。


お申し込みはこちら

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。