ブログ

オンラインの活用を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Pocket

こんにちは

日本ホームチャイルドケアの森崎です。

この度、こちらの想いや活動に共感し、ジョインすることになりました。広報や現在進行中のプロジェクトに携わっていきますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterの方でもゆるっとつぶやいていきますのでぜひフォローもよろしくお願いします ^^

 

さてさて

 

オンラインの活用を考える

タイトル通りなんですが、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が求められ、日本ホームチャイルドケア協会でも積極的にオンラインを活用し始めました。

保育者の皆さんも、zoomやLINE等のビデオ通話を活用したオンライン保育やオンラインミーティングを検討したり、

ベビーシッター・訪問保育もオンライン化できるのか

トライしてみた方もたくさんいるのではないでしょうか。

(私もその一人です。)

でも、

どうやってやる?

何を発信する?何が求められてる?準備はどうしたら良いの??

画面越しでうまく気持ちがつながれるか不安があったり、タイムラグがあったり、悩みや疑問も。

そこで

先日の会員限定のオンライン勉強会では

ゲストに4回のオンラインイベントで、のべ300人以上を集客した三原勇気さんをお迎えしました。

オンラインならではの良さ、逆に難しさの対策、

イベントの雰囲気や規模に合わせた人数設定や準備

案内方法 etc…

貴重な実体験に基づいた裏側をお話してくださり、私たちの疑問や悩みにもお答えいただきました。

参加した会員さんの中にもオンラインシッティングを始めた方や検討しているかたもいたので、きっとイメージをもって前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。

一方通行ではない、双方向な関わり

時代とともに手段は変われど、子育てサポートにおける心持ちや豊かな保育を行ううえで、オンラインもうまく活用していきたいと思います。

三原勇希さん、ありがとうございました!

三原さんのホームページはこちら★

 

5月も交流会や勉強会を行います

LINEの公式アカウントを お友達追加していただくとリアルタイムで情報が届きますので、 みなさんのご参加と登録お待ちしてます!

友だち追加

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。